About Us会社案内

株式会社ピコ・インターナショナルの会社概要ページです。
当社についてご紹介致します。


開発者プロフィール

プロダクトプランナー
ファッションデザイナー

播本 吉春

■株式会社ピコ・インターナショナル

■設立 1980年設立

■代表取締役 
播本 吉春(ハリモト ヨシハル)

商社マンとして、貿易の仕事に就くが、独立するなら女性を相手の仕事に就きたいと思いつき3年半で退社、一念発起し、大阪モード学園へ入学。地味な洋裁科2年とデザイナー科2年の課程を終了、首席で卒業。卒業後はアパレルで3年半勤務し、その後、独立。1980年、大阪梅田のナビオ阪急に1号店をオープン。82年、梅田ACTⅢ店オープン、83年、大丸梅田店オープン、86年、ホワイティうめだ店オープン、87年には大丸梅田に2店舗目をオープン。88年、ホワイティうめだに2店舗目をオープン、この店はイギリスで急激に伸ばしていたsock shop(靴下や下着を中心に色々な小物を販売するショップ)を参考にして、イギリスの下着ブランドを中心に、エッセンシャルオイルやアロマキャンドル等、置物やステーショナリーなど様々な輸入雑貨を集めたショップをオープン。大阪梅田に計6店舗を運営していた。また、新事業として1990年に丸紅(株)、1992年に住友商事(株)、1993年にはグンゼ産業(現在のGSIクレオス)と、それぞれの商社と取り組み、商品企画及び生産管理等の業務を受託し、企画会社としての業務をスタート。その後、バブルの崩壊が大きく影響をし、1998年ナビオ阪急の大改装に伴いナビオ阪急店を閉店。2000年~2001年にお尻のブラが完成。2004年にホワイティうめだの大改装に伴い閉店。同年、バトックスブラの販売を開始。2009年大丸梅田店の大改装に伴い退店し、小売業からの完全撤退。その後バトックス・ブラの本格販売に転向し、現在は、新商品として、趣味で研究していた黒焼き製法による食品を完成させる。それは「黒珈茶」と命名し、珈琲、紅茶に代わる第三の嗜好飲料を製品化し販売中。


会社概要

  • 商号株式会社ピコ・インターナショナル
  • 本社〒565-0821
    大阪府吹田市山田東 1-36-1-101
    TEL: 06-6190-7838 
    FAX: 06-6190-7839
  • 設立1980年10月6日
  • 資本金3,000万円
  • 代表者代表取締役 播本 吉春
  • 事業内容■お尻のブラジャー/バトックス・ブラ下着関連商品の卸
    ブランドサイト http://www.buttocks.co.jp/
    公式通販サイト https://www.ph-labo.com/buttocks-bra

    ■代替珈琲、薬膳菓子 黒珈茶(クロコーティ―)の製造販売
    公式通販サイト https://www.ph-labo.com/co-tea
  • 取引銀行三菱UFJ銀行、三井住友銀行
  • 主要取引先美容ディーラー、理美容サロン、エステティックサロン、整体院、鍼灸院
  • 輸出国韓国、中国